古物商免許

古物商免許

古物商免許

街中でたまに見かけるリサイクルショップというものがあります。不用品がある人からはその品物を買い取って、逆にその品物が欲しいという人にはそれを販売してくれるという業態のお店です。正確にはリサイクル(再資源化)と言うより、リユース(再利用)を促す商売ですが、現在ではリサイクルショップという名前の方で定着しています。意外な掘り出し物を見つける可能性もあるので、中古品でも気にならないという方には人気があるようです。
ところで、こうしたリサイクルショップを営むにも許可が必要です。都道府県公安委員会が発行する、古物商免許なしに営業すると、最高で3年の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。基本的に新品の状態で買われた物を、再び売買や、リースする場合に必要になりますので、必要であれば、各地の警察署にて必要書類をそろえた上で申し込む事になります。ちなみに、古物商の免許の対象とならない中古品の売買は、鉄道車両や航空機、大型の船舶や機械の他、庭石や空き缶、空き箱と金属類だけです。逆に言えば、これ以外のほぼ全ての品物や金券などが取り扱い対象となりますので、不用品の買い取り、販売には必要不可欠の許可となります。
他の商売でも多かれ少なかれ営業許可が必要なものがありますが、なぜ古物商が都道府県公安委員会の管轄かというと、古物商の売買を通じて盗品などの取引が行われていないか、という事を監視する為です。こうした古物商売買の筆頭として、美術品や、宝飾品等が挙げられている事からも分る通り、中古品には不正な商品が流通する可能性が否めないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

母子手当をもらっている女性のパートの仕事とは
近年は、パートで働く主婦層が珍しくなくなっているようです。 普段から、町の中を歩いていると、多くの店で女性が仕事をしている景色を見ます。 この頃は、お昼に外食をした時や、コンビニに入ったときなどに、忙... 母子手当をもらっている女性のパートの仕事とはの続きを読む>
古物商免許
街中でたまに見かけるリサイクルショップというものがあります。不用品がある人からはその品物を買い取って、逆にその品物が欲しいという人にはそれを販売してくれるという業態のお店です。正確にはリサイクル(再... 古物商免許の続きを読む>
不法な不用品回収業者の法外な追加料金
悪質で不法な不用品回収業者の害について、主に正規の廃品処理が行われない事にあるとお分かりいただけたと思いますが、最終的に環境破壊に結びつくとは言え、ちょっとピンとこない点もあります。しかし、もっと分... 不法な不用品回収業者の法外な追加料金の続きを読む>
段ボールサービス
引越を行う際に、まず一番の必需品が段ボールです。今では、スーパーで"ご自由にお持ち帰りください"のコーナーに高々と積み上げられています。しかし、その段ボールを一度お使いになった方はご存知かと思います... 段ボールサービスの続きを読む>
不用品引き取りサービス
日常のゴミの分別だけでも手間がかかってしまって、億劫に思うことが多々ありませんか?その地区ごとで分け方など違いますが、本当に厳しい地区は、少しでも分別できていないものがあると、回収してくれません。 ... 不用品引き取りサービスの続きを読む>